40代から増加?女性の薄毛

いつの間にか髪が薄くなっていた、40代に入ってからそう感じる女性が少なくありません。
女性の場合は髪の毛が全体的に薄くなっていく症状が多いです。
これは「女性型脱毛症」「びまん性脱毛症」と呼ばれます。
全体的に薄毛が進行しますが特に頭頂部付近だと目立ちやすいようです。
自分では見づらい部分ですが、頭頂部をときどきチェックしてみましょう。

40代で薄毛が進行する原因のひとつは、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によるものです。
毛髪のヘアサイクル(毛周期)は、成長期・退行期・休止期と移行し、休止期のあとに抜け落ちます。
エストロゲンにはこの成長期を維持する働きがあり、減少するとヘアサイクルが乱れ充分に毛髪が育たなくなってしまいます。
エストロゲンの分泌は30代から減り始め、40代でガタっと減ります。
このため、40代に入ると毛髪がやせ細ったり、色が薄くなったり、1つの毛穴から生えている髪の本数が減ったりなどの現象が起こり薄毛が進行するのです。

生活習慣やヘアケアを改善することで薄毛の進行を遅らせることができるかもしれません。
以下のポイントに気をつけて髪をいたわりましょう。

・良質な睡眠
睡眠のゴールデンタイムと言われる22時~2時は成長ホルモンの分泌が活発になる時間です。
この時間は睡眠を取ることで、毛母細胞や頭皮の細胞の新陳代謝が良くなり健康な頭皮になります。

・栄養バランスの取れた食事
毛髪は主にタンパク質からできていますので、良質のタンパク質をしっかりと取りましょう。
またタンパク質を体の中で運ぶためのビタミン類や、髪に良いとされるミネラルも大切です。
バランスの良い食事を心がけましょう。
サプリメントは頼りすぎないように補助的に使用しましょう。

・低刺激のシャンプーの使用
低刺激のアミノ酸シャンプーがおすすめです。

・頭皮マッサージ
毛髪の元となる毛母細胞へは血液によって栄養が運ばれます。
頭皮マッサージやブラッシングなどで頭皮の血行を良くしましょう。

・育毛剤の使用
昨今は女性用の育毛剤も増えて来ました。
こうした製品を試してみるのも良いでしょう。