更年期の女性の薄毛

40代も半ばになり、心身の不調が多くなった。それは更年期かもしれません。
更年期とは女性の場合は閉経する前後の数年間を指し、この時期に女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下することでホルモンバランスが崩れ、人によりさまざまな症状が現れます。
この更年期に起こる症状のひとつとして、薄毛になる女性も少なくないのです。

髪のボリュームが減りペタっとしてきたことで年を感じるという話も良く聞きます。
エストロゲンには毛髪を成長させる働きがありますが、これが減少することで薄毛になるのです。
生えぎわや頭頂部から薄くなる「男性型脱毛症」と異なり全体的に頭髪が薄くなり、「女性型脱毛症」「びまん性脱毛症」と呼ばれます。

年を取るのは仕方の無いことですが、以下の点に気を付けることで更年期症状を改善したり薄毛の進行を遅らせることができるかもしれません。

・イソフラボンの摂取
大豆などに含まれるイソフラボンというポリフェノールの一種はエストロゲンと似た作用を持ちます。
大豆製品やピーナッツ、ひよこ豆に多く含まれますので、食生活に取り入れましょう。

・ウォーキングなど適度な有酸素運動
適度な運動をすることで更年期症状が改善されると言われています。
筋力アップや血行促進により心身の症状が改善され、骨粗しょう症の予防やコレステロールの減少も期待できます。
これまであまり運動習慣が無かった人にはウォーキングのような軽い有酸素運動がおすすめです。

・ストレスをためない
女性ホルモンを分泌する脳の視床下部はストレスの影響を受けやすい部位でもあります。
前述のウォーキングなど軽い運動もストレスの解消におすすめです。

・ときめきを忘れない
「恋をすると女性ホルモンが活発になる」などと言われますが、恋愛状態になると脳内ではいろいろなホルモンが分泌されやすくなり、エストロゲンも増えると考えられています。
実際に恋人を作らなくても、テレビの中の俳優にときめくだけでも効果は期待できます。

・ホルモン療法
更年期障害がひどい場合、医療機関でのホルモン療法を検討してみてもよいかもしれません。
ただし副作用もありますので医師とよく相談しましょう。

また、薄毛の対策の基本として、シャンプー方法の見直しや頭皮マッサージなどのヘアケアもおすすめです。